満足度を調べる

PC

公平な立場の機関に依頼

従業員意識調査は、社員が自分の勤める企業についてどのように考えているのか、仕事内容や職場に満足しているのかなどを調べるものです。自社で制作したアンケートなどを用いて従業員意識調査を行う会社もありますが、雇用先の企業に直接意見を伝えることに抵抗を感じる方も多く、第三者機関に依頼する方法が一般的です。従業員意識調査を公平な立場から行う第三者機関としては、コンサルティング会社などが挙げられます。企業の向上や職場の環境改善のためにアンケートやリサーチの実施を依頼する事で、社内の調査では分かりにくい改善点を知る事が出来ます。企業の向上のためには、従業員が日頃感じている点が何かを知る必要がありますが、自分の名前が分かる状態ではアンケートが取りにくいため、匿名で行う方法がオススメです。コンサルティング会社に間に入ってもらい、さらに匿名で従業員意識調査を行う事で自分の所属する部署や企業への素直な意見が分かるようになります。職場環境の改善策や要望などを具体的にに知りたい場合は、記述以外にも専門のコンサルタントがインタビュー形式で従業員に話を聞く方法があります。コンサルティング会社が、これらの調査結果を企業に報告し、改善策を提案する事で企業を働きやすい環境に改善する事が可能です。調査後はデータをもとに改善策を実施するようにし、一年に一回従業員意識調査を行う事で、企業内の環境や働き方は改善されているのか知る事が出来ます。働きやすい企業にするために、定期的に従業員意識調査を行うことが、企業向上の秘訣です。

Copyright© 2017 仕事の効率化を目指そう!従業員意識調査で現状をチェック All Rights Reserved.